MMD-3-

2012年に入り 実験ちゃんを素体にスカートと髪をつけてみる

服や髪の動きを見せるには これまた複雑?な数値設定方法があるのだ
公開されている 各モデルのそれは当たり前だが ばらばらな数字だ
皆いかに自然な動きを見せるか工夫をここで凝らせている

適切な数字?設定をしないと モーションを入れて確認したとき 悲惨なことになります ・・・・髪の毛は落ちるわ スカートはガラスが割れるがごとく砕けるわで・・・(笑)

似たような格好のモデルの数値を参考に設定したのが 実験ちゃんのバージョンアップ版のプロトちゃんれす

今度は走らせて見ました 走るだけです 踊ると壊れます(笑)
髪には揺らす剛体設定なるものをしているのですが 上手くいっていません 左右対称なのに 右側だけ動きがひどいので 設定を変更しています スカートは検索サイトよりスカートをヒラヒラさせるプラグインツールを使用して成功?してます
時々見えている白い部分は 足が貫通しているのではなく スカートの裏地(白)が貫通してしまっているのです 二重構造なのでこれは容易に改善できるので問題なし
画面が小さくてわかりにくいですが 表情等も組み込んでますので はぁはぁ(走っているので)しています

踊らすのには 腕の関節部分に捩りを組み込んだり 表情の種類も増やさなければなりませぬ・・・・
動きの剛体設定も不明な点もあるし 踊って歌わせるのはまだまだ先になりそう・・・

あぁ もう仕事しなくちゃ・・・





スポンサーサイト

MMD-2-

2011年 仕事の合間をぬってチマチマ作った成果が下の動画れす

大半は自作モデリングですが 手首だけは公開されているモデルから拝借させてもらいました(ボーン&アンカー含)・・・・
関節部分は 検索サイトでみた 球体関節を参考に・・・
 
最初なのであくまで基本重視のテストと考えて 表情やら髪が揺れるとかの作業は行わず まず動くようにしてみようかと・・・
微調整せず そのまま歩くモーションを組み込んだだけなので 少々ぎこちないけど何とか動いてくれました 

ボーンとアンカーの関連性と設定方法のミスが理解できず 心が折れそうになりました(笑)
参考にとDLしたモデルの(材質)設定部分・・・殆どのモデルのアンカーってば統一されているんだものなぁ・・・
同じように作っても 動作確認で壊れるわけだ・・・

因みに 下記動画の娘の名前は実験ちゃんです 歩くことしかできません 踊らすと動作が壊れます(笑)





MMD-1-

3Dキャラ/モデリング等には もともと興味はあったのですが 当時使用PCはmacのみでしたので ソフトが無く? 動画サイト等で見るくらいの程度でした 
しかし近年になって機材を増設する必要になりwin機を導入 仕事の合間を縫ってひとつかじってみることに・・・
前知識が無くまったくの素人スタートだったので まず書籍から・・・「新 メタセコイアからはじめよう!」 ・・・作りましたよ クマさん(笑)

次に「3D Character Animation Manual ローポリアニメーションのすべて」と「3DCG日和。 vol.2」を購入・・・・
いよいよ自作キャラを動かしたいがためのあがきの日々が始まるのであった

暑中お見舞い申し上げますですう

昨日 仕事原稿(ジャンゴ2話)脱稿~ 編集さんへ電送してOKをもらう 問題なくば今月20日発売のコミックバグバグに掲載されるでしょう・・・・
第1話は内容的に大分詰め込みましたけど 編集さんと相談してこれから 少しづつ(内容的に)緩やか?に分かりやすく?していこう という事になっております 
興味のある方 どぞ です


time line
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR