アップグレード

にょわわ 早くも花粉症の季節に入っているではないかっっ!
時間があるにもかかわらず ついついおざなりになる日記メモ・・・・

遡って新年元日から(笑) は変わらず仕事してましたん
・・・ちょうど「まじこいS」のコミカライズ連載も半分を超えましたのでこの原稿作成の後は恒例?の一回お休みです 
その休みの間に単行本の作業をすることになりました
前回のコミカライズ連載の「辻堂さんのバージンロード(18禁Ver)」のコミックス化が正式決定 発売予定は4月25日だそうです(サプライズおまけもつく予定)

っで、購入して使い始めるなら今だ! 
と思い立ち 今話題?の大型?液タブの導入に踏み切りました 

当初最新式を考えていたんですけど 流石に(お猿にとって)高額だった(笑)ので 一つ前のタイプを密林にてポチっと・・・・
届いたブツは噂どおり でかっ!でした 重さも約30キロ・・・本体を支えるスタンドだけで半分の15キロ近くあるそうで・・・

試し描きを数時間してみて 正直購入したことを後悔しました(爆) 
違和感が半端無い・・・
事前に時間をかけて仕様とか他の作家さんのレビューとか販売店で現物を触ってきたのにもかかわらず この体たらく・・・(笑)

まぁ 長年培ってきた 作画方式の一大転換?なわけなので そんなすぐには慣れるわけ無いかと思い直し使用し続けることに(笑)

試し描きの意味でちょうど依頼された同人原稿があったので さっそく作画作業・・・
それからコミックスの表紙絵 そして次の「まじこいS」の原稿作成

昨日脱稿して感じたことは 作業工程が短縮できてるらしい事と それにともなう作画ストレスの軽減ができているとの実感・・・・・
違和感の正体は手感触が無いということ・・・・
原稿用紙につけペンで線を引くと出る あの強弱の実感覚が・・・・・無い
ガラス板にプラスチック棒を滑らせているので 何というか抵抗摩擦?の感触の変化が極端に無い感じ??
しかし デジタルで引いた線はいうまでも無く綺麗 ゴムかけの必要もないうえ下描き画像を残して置けるので加筆修正に便利・・・・
失うものと新たに得るものは半々くらい?
今後は下描きはもっと描き込みをしてもいいかな

作業はコミスタのみと考えて 関連部品として純正タブコントローラーも一緒に購入したんだけど これ使えない・・・ペン入れに際し必要不可欠な画面回転が速すぎで微修正がきかない(改善方法を現段階では見つけてない・・・) 液タブ本体についている タッチホイールはコミスタ上では機能衝突が出てるのか誤作動を起こして使えないことが判明!(これまた改善方法はみつけてない)

どうしたかというと ペン入れのみをフォトショップで行うことに・・・ 
問題はフォトシヨップでコミスタのようなペン入れができるのか?

・・・・・調べたらありました(笑) ブラシにいわゆる「いり&ぬき」ができる設定方法が!
時々誤認識をしてインク漏れみたいにぶっとい線が出ることがあります(笑)が ヒストリーがあるので問題ありません 液タブのタッチホイールもフォトシップ上では問題なく動いてくれます

後 液タブ本体がデスクのほぼ全てを占領するはめになったので サブモニターの置き場所がなくなり 考えた末モニターアームを設置した

新しい基本環境は整ったので 暫くこれで試すことに・・・・

mixi_299.jpg

mixi_300.jpg

スポンサーサイト
time line
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR