お猿父の事4

父の退院許可がでたらどうするのか?
実家に戻るのか? 元の暮らしに戻るのか?
・・・・否 戻れません ・・・残念ながら・・・

糖尿病を患い認知症が進んだ状態で 24時間そばにいて介護してゆく事は 我が家の場合不可能と判断しました (ケアサービス等も検討しましたがすでにその段階ではない) もっと早くから対策を立てるべきだったと思いますが後悔先に立たず・・・・

っで、次の段階 ケアしてくださるところを探します 
特老(特別養護老人ホーム)、特保(介護老人保健施設)、有料老人ホーム・・・・
特老はどこも満室で空きがくるまで長い時間待たされるご時世だそうで 特保は3ヶ月程度しか入っていられない しかもグループ生活方式なので父には合わない・・・
残るは 介護付の有料老人ホーム・・・・ よく話しに聞く前金ン百万円から上はン千万円まであるという有料老人ホーム・・・(汗)

お猿家の資産状況を再チェックして家族で話し合い そして姉は(会社員です)有給休暇を目一杯使い お猿も原稿そっちのけで動きました 
最終的には施設情報を提供してくれるところで 条件の合うところを探してもらい現地へ行って説明を受けるといった作業になりました
車の機動力を使い(すでにお猿車は老朽化が進み?オイル交換時期の限界も超えていて 死に体な状態なのである←ちょい大げさ?/笑)何回も他県まで施設見学を繰り返して・・・

見つけましたよ 条件に合うところを
 
意外にも近年この手の老人ホーム経営に参入しくる企業は多く また、淘汰されている数も多いんだそうです

幾つか部屋が空いていて募集している施設があり その中から距離はともかく 父がちゃんと穏やかに生活できそうな環境が整ったところを選びました もちろん持病の管理等も行ってくれるところをです・・・・
先日 状況を院内のケースワーカーさんに報告して 退院時期やら 次の受入れ準備やらの相談を進める事になり 目下姉と互いに動ける日程を調整しているところ・・・・

うまくことが運べば 4月中には落ち着く事ができると思うのだが はたして父が 気に入ってくれるかどうかが問題・・・・ 本人の気持ちがどう動くか・・・

拒否反応が強ければ また探さなきゃならないかなぁ・・・ううむ


・・・・・・・・・・・・はぁ 原稿描かなきゃ・・・






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

time line
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR